「ファッション史の愉しみ」を、世田谷美術館で。

石山彰氏(1918~2011)のコレクションのファッションブック、
ファッションプレート約280点とファッションの変暦を辿る
当時の衣装約50着も展示。石山彰氏とは、御茶ノ水女子大で
ファションデザインを教え、文化女子大で長く図書館長を
務められた日本服飾史研究の第一人者でした。

ab世田谷ポスト 002
(午前中の装い 世田谷美術館のポストカード)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

「キユー王立植物園」イングリッシュ・ガーデン。

キュー王立植物園所蔵・イングリッシュ・ガーデン
英国に集う花々展を見に、河口湖美術館へ。
「キユー王立植物園」は18世紀、ロンドン郊外に
誕生した。植物に関する世界最大級の規模、
水準の研究機関。毎年130万人以上の人が訪れている。
植物標本800万点、22万点以上のボタニカルアートのコレクション。

aymイン川ぽ 003

続きを読む

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

『東京都庭園美術館』 コレクターの特別提示品。

アール・デコの邸宅美術館 建築をみる2015(旧朝香宮邸)
今回はアール・デコに魅せられた3人のコレクターたちの貴重な提示品が。

家具やオブジェや食卓や応接セットなどの
展示品が変化していた。
今回の女性像はこっくりとした黄金色で
全身がアール・デコファッション。

a庭園美術館 043

続きを読む

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

世田谷美術館で「金山康喜のパリ」展。澄んだ青さの絵画を見た。

今回の世田谷美術館では1950年代の
日本人画家たち「金山康喜のパリ」を開催していて、タイトルをみて行こうと思い立った。
なぜなら以前に平塚で「20世紀初頭の若者」の画家の展覧会があって、昔の画家はその道を選ぶと
勘当になったり厳しく困難な人生になったことを知った。
それで今回のこの展覧会では厳しい時代の共通点があることや、
他にも物語があるのではと関心を持った。

aポストカード 006
美術館で買ったポストカード。
               

続きを読む

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

東京都現代美術館の『山口小夜子 未来を着る人』展を再び見にいった。

「東京都現代美術館」に、6月28日までの会期中なので再び行った。
それは絵画展とは違い、モードのジャンルはなかなか見られないのでは、と思ったから。

会場に入ると、前より大幅に内容に手が加えられていた。
山口小夜子はモデルデビューから、たちまちトップモデルに駆け上がり、
資生堂で専属モデルもしたので写真が多数あるため、
会場の写真が新たな写真に随分入れ替えられていた。

abさよこパンフ 002
(メインパンフレットの写真。いつもより妖艶な感じで目が効いている)

続きを読む

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

みすてぃむーん

Author:みすてぃむーん
ブログを始めました。
旅、街、花などを撮っています。
鉛筆画、水彩画を描いています。
本や映画なども書くつもりです。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク(リンクフリー)
QRコード
QR